QRコードを活用しよう

携帯版のバーコード『QRコード』。

携帯カメラで、ピピッと写せば提供されている情報を簡単に入手することができますよね。

これを農業に使わない手はないexclamation×2

出荷時にQRコードを貼り付けて、上手に情報を流せば…

コレって、大発見やんわーい(嬉しい顔)

って一応検索してみたら、既に実用化されてましたたらーっ(汗)
そりゃそうだよね…


例えば、愛媛大学農学部付属農業高等学校では、農産物のトレーサビリティ(追跡調査)の教材化及び実用化に関する研究が行われていたり、高島屋でも「野菜の履歴書」を来店者に提供するサービスを行っているようです。


ほんでも、やってみる価値は十分あるはず!

下記のようなコンテンツなど、いかがなものでしょうか?

 ○ 生産者の顔
 ○ 使った農薬や肥料の履歴
 ○ 収穫の様子や、おいしそうに食べている写真
 ○ その野菜をつかった料理のレシピ
 ○ 日記(ブログ)  
 ○ メルマガ       
 ○ 懸賞、ポイント制
 ○ アンケート(要望調査) 
 

など

個人の情報だけではなく、他の人の情報も掲載することによる相乗効果を狙ってみたり。

自分の野菜が売れれば売れるほど、他人の宣伝効果になるって仕組み。
その逆も然り。

これからは、個人ではなく、地域で協力した運営をしていくことが大事であると思います。

それには、まず自分がある程度の成果を得ることが必要かも^^;


☆判定をお願いします☆
 この企画採用exclamation×2 → FC2 Blog Rankingクリック


posted by プロジェクターK at 00:23 | Comment(0) | 販売戦略(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。