懸賞で気を引く

私はよく読書をするのですが、本を買うとアンケートハガキがついていることがあります。

感想や購入のきっかけ等といった内容なのですが、ただ「お答えください」だけではなく、「回答してくれた方の中から抽選でプレゼント」って懸賞的な要素があった方が協力をしてみようって気になりますよね。

懸賞は、販売戦略において大きな効果が期待できる手段の一つです。

ハガキやメルマガ、名刺といった宣伝広告素材に付加してみたり。

例えば、名刺。(関連記事:名刺をつくる

名刺の内容に抽選番号を振っておくとこんな会話が生まれるかもしれません。

「どうも、○○というものです。」

「オヤ、この番号は何ですか?」

「コレは抽選番号でして、お世話になった方に抽選でお野菜をプレゼントしているんですよ。毎月○○日に結果をホームページで発表しますので、よろしければご覧ください。」



インパクトもあるし、ホームページも見てもらえるし、名刺も捨てられずに取っておいてもらえるのではないでしょうか?


他、イベントのときに思ったのが、アンケートに参加してくれた人にアメ玉か何か配ったら良かったかなと。

「たかが、アメ玉なんて…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、旅行券や家電といった高額な景品をもらった方が嬉しいと思いますが、丹精込めてつくった野菜であったり、感謝の心をこめたアメ玉でも十分効果はあるのではないでしょうか?

色々なシチュエーションに応じて、作戦を練ってみましょうぴかぴか(新しい)


☆判定をお願いします☆
 この企画採用exclamation×2 → FC2 Blog Rankingクリック


posted by プロジェクターK at 21:14 | Comment(0) | 販売戦略(案) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。